【ネット環境どうしてる?】ノマドワークにおけるネットの安全性を考えてみた

Webライター・ブログ

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

本業の傍ら、副業をしている人も増えてきましたよね。

WebライティングやWebデザイン、プログラミングなど、パソコン1台でできる作業は場所に縛られず仕事ができるため、とても魅力的です。

なので自宅だけでなく、気分転換のためにカフェなどで作業したいと考える人も多いと思います。

そんな私も自宅では作業が全く捗らず、外に出向いて作業することがほとんどです。

スタバとかにいくと同じように作業を頑張っている人がたくさんいて、「自分も頑張らねば….」と奮い立たされます。

ですが….外での作業は課題がいっぱい。

今回はそんな中でも「ネット環境問題」を考えていきます。

筆者の経験談を元にしているので、同じような悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてください。

テザリングが使えるおすすめスマホ通信は?

スマホのテザリング機能を使うのにおすすめは、筆者も使っている「ahamo」です。

巷では、格安SIMが多く出回ってますが、ガジェット初心者にとってはどれを選べばいいかわからない…という方も多いのでは?

ahamoは、docomoのサブブランドであるため高品質な回線を月20GBで使えます。

おうちでwifiを使うのが当たり前の今、外で執筆する分には十分です。

その上値段は、格安SIM並の月2,970円

品質と安全性、わかりやすさを重視するなら、ahamoにしておいて損はありません。

   

   

   

フリーWi-Fiでの作業は思っているよりかなり危険

場所にもよりますが、カフェが用意してくれるWi-Fiは安全性が確保されていない場合が多いです。

たとえばスタバのWi-Fiって、PWなしで入れますよね。

利用する際に規約が出てくると思いますが、実はそこに、暗号化してないので傍受される危険性がありますと書いてあるんです。

つまり、取り扱っているデータを盗み見される可能性があるということです。

これって、思っているよりかなり危険。仕事内容によっては、漏洩が起きたら大問題になりかねません。

だからと言って、安全性が高いWi-Fiが用意されているカフェもごくわずか。

ワーキングスペースのような「作業場所を提供」してくれているところなら安全性も高いかもしれませんが、その分料金も高い場合もあります。

お店側も安全性が高いWi-Fiを使うにも料金がかかるので、安全性が低いWi-Fiを使っているところが多い傾向にあります。

なので基本的にカフェが用意してくれるWi-Fiは、安全性が低いと思った方がよいでしょう。

お金を払って安全性の高いフリーWi-Fiを使ったお店に行くか、そこは自分で気をつけ、自己責任で安全性の低いフリーWi-Fiがあるお店に行くか….

仕事ができるようになり、高度な仕事を任されるようになればなるほど、この問題にはより正面から考えていかなくてはいけないところです。

  

Wi-Fi完備かつ条件の良いカフェは限られてる

このように【Wi-Fiが繋がる】【通信速度が安定】といったネットの観点からみる好条件な場所と、【集中できる環境】【お値段が安め】といった作業環境から見る条件のカフェを探さないといけないんですが…..そんな都合がいいところはほとんどありません。

あっても混んでいて、席が空いてない人気店だったりします。

筆者も本当に作業場を探すのに苦労しました。やっと見つけても、ずっとそこで作業するのもマンネリ化を招いて集中できなくなります。

ノマドワーカーにとって作業場を探すのって大変です。

だからこそ、ひとつでも用意できるところは自前で用意し、条件を少なくしていくことで、候補はグッと多くなります。

  

モバイルWi-Fiは、スマホのテザリング機能と仕組みは同じ

この危険性に気づいてからは早急に解決しなければと思い、自前で用意しようと方法を手探りで調べました。

普通だったらモバイルWi-Fiに契約して、それにつないで作業すれば楽ですよね。

ですが、調べていくうちに「モバイルWi-Fiは、スマホのテザリング機能と仕組みは同じ」という見解があることがわかってきました。

参考元:
https://youtu.be/HMRfJ8PHbl0

モバイルWi-Fiに価値があるかないかは別にして、そもそも「テザリング機能の便利さ」に驚きました。

テザリングを簡単に説明すると、スマホのネットワークをパソコンでも使える機能のことです。

iPhoneだと「インターネット共有」を有効にし、BluetoothかWi-Fiで接続すると使えます。

この「テザリング機能」、なんだか難しそうなのでそんなに気に留めていなかったのですが、たしかに家ではWi-Fiを主に使っているし、平日の仕事はありがたいことに在宅なのでほぼ外でネットを使うことがなく、契約している20GBを持て余していました。

しかしこの20GBを使えば、モバイルWi-Fiがなくても作業できるかも?と思い、試しにカフェに行ってテザリングをやってみたのですが…

無事にテザリングでネットにつなぐことができ、問題なく作業できました!

速度も問題なく、今までこの方法を知らなかったことが衝撃的でした。

  

通信量とバッテリー消費については工夫が必要な場合も

こんなに便利なテザリングですが、デメリットをあげるならば「通信量がかかる」ことと「バッテリー消耗が激しい」点です。

スマホより機能も高く、物理的にも大きいパソコンをつなぐので、当然通信量もバッテリー消費も通常より消耗します。

短時間で月に何日か使用する程度でしたら問題はありませんが、週に何日も使いたい場合は、この点はしっかり考慮しなければいけません。

バッテリー消費が激しい場合は、モバイルバッテリーを追加で購入したり機種を新しくすることで解決でき、通信量は格安SIMで大量GBプランに乗り換えることで解決できるかもしれません。

具体的にどう対策するかは、実際にテザリングで何回か作業してから対策を考えましょう。
筆者は通信量はかかると言っても、20GBをはみ出さない程度で済んでいますし、バッテリーも半日程度でしたら持ちます。ここは個人差が出るところかもしれないですね。

  

【結論】:ノマドワーカーこそ、テザリング機能を使おう!!

使えるようになって思ったことは、「これをみんな知っていて、使っているのか?」という疑問です。

ガジェット系を駆使している人なら初級中の初級な知識で、もう日常使いしている人が多いかもしれません。

ですが、ガジェット系に弱かったり、スマホやネット環境の知識があまりなく、それでもパソコンを使って副業をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

筆者もその一人でした。

さまざまな技術が発達し、副業もしやすくなった昨今ですが、だからこそたくさんの人が「テザリング機能」で安全で簡単に仕事してほしいなと強く思いました。

作業に集中するためにも、安全性を考慮して作業をしていきたいところ。一人でも多くの人が、この問題から解放されて欲しいなと思います。

   

ケータイのテザリングを使うならahamoがおすすめ!

スマホ回線を手続き・追加料金なしでテザリングするなら、「ahamo」がおすすめです。

docomoのサブブランドという安心感なのに、20GB月々2,970円と格安SIM並の高コスパ。

もし通信量が足りなくなったら、+ 550円で1GB、+ 1,980円で80GB使えます。ギガの追加購入は、アプリ内で簡単にできるので、いざという時も安心です。

筆者も使っていますが、使い勝手も良く、ガジェット系に疎い私でも安心して使えています。

今のケータイ代が高くて悩んでいるうえ、この記事を読んでテザリングして外で作業してみたい!と考えている方はぜひ使ってみてください!